シンスプリントによる左脛骨(左の脛)の痛みが改善した症例

当院の施術によりシンスプリントによる左脛骨(左の脛)の痛みが改善した症例についてご報告させていただきます。

【年齢】34歳
【性別】女性
【職業】会社員

来院の約一か月前より特に誘因なく左の脛の内側に激痛が起こり、整形外科を受診され、シンスプリントと診断される。

レントゲンに異常は見られず、湿布と安静で様子観察するも、発症より2週間で歩けないくらいの激痛が起こり、インターネットで当院を見つけ、来院された。

来院時は左脛骨の激痛はおさまっていたが、歩行時の痛み、左脛骨内側の圧痛(指で押したときの痛み)が強かった。

また、痛みが強くなると左の足背部(足の甲)にしびれが起こるとのこと。

(備考)

レントゲン異常なし

その他大きな既往歴、合併症はない

施術

一回目の施術 来院時

骨盤の関節に問題はなく、C7とT1(頸椎の7番~、胸椎の1番)、L2、3(腰椎の2番と3番)、S状結腸(骨盤の左に位置する大腸)の間膜、頭蓋骨の蝶形骨、左の鼻骨に組織の緊張と圧迫があった。

左の脛骨は炎症が起こった後の反応として、周囲の骨膜の制限が認められた。

以上の問題を階層化させ順番に調整を行い、一回目のセッションは終了。

二回目の施術(約一週間後)来院時

前回の激痛は起こらなくなるも、痛みは残存していた。
この日も全身を評価し、身体全体の調和を図った。

三回目の施術(約二週間後)来院時

痛みはほぼなくなっているとのこと。

触診にて骨盤から左下肢にかけての組織の柔軟性が出ており、患部の骨膜の状態も改善している様子。

恐らくこれで状態は安定化すると考えたため、一度様子を見ることとなった。

一般的にシンスプリントは患部周囲を治療する傾向があるが、当院では症状は全身の調和とバランスが崩れて起こった結果であると考えます。ですからいかなる場合も、全身の筋骨格、内臓、頭蓋、脈管系、神経系を全て触診し、身体全体が調和するように施術をすすめます。

当院の施術

※当院の施術について詳しく知りたい方は後ほど「当院の施術オステオパシーについて」のページをご覧下さい。

当院の患者さんの声をお聞きください

当院の患者さんの声はこちらからご覧ください「当院の患者さんの声

北内 俊充

ご予約・お問い合わせはこちら

PAGE TOP