足首の捻挫の痛み,後遺症でお悩みの方へ

なかなか治らない足首の捻挫の痛み,後遺症でお悩みの方へ

  • 足首を捻挫してから痛みがなかなか引かない
  • 足首の捻挫をしてから痛みが引かずマラソンができない
  • 足首の捻挫の痛みでスポーツができない
  • 病院、整骨院、マッサージ、鍼灸などの治療を受けたけど足首の捻挫の痛みが改善しない
  • 長い間、足首の捻挫の後遺症を我慢してスポーツを続けている
  • 整形外科では湿布か注射しか治療法がなく、いまだに良くならない
  • 足首の捻挫の後遺症が治らないので不安になっている
  • マッサージを受けても楽になるのはその場だけ
  • 足首のストレッチをしてもあまり効果が見られない
  • とにかく足首の捻挫の痛みをなんとかしてほしい

オステオパシー治療院トラストの施術は、この様な足首の捻挫の痛みや後遺症でお悩みのあなたに、お勧めできる施術です。

実は足首の捻挫をするとこんなことが起こります

足首の捻挫で一番多いのが、内反捻挫です。

これは足首を内側にひねった状態で、強い外力が加わり、足関節周囲の組織が損傷する捻挫です。

この時に足関節周囲の靭帯は強く引き伸ばされ、損傷します。

しかし実は靭帯や関節だけではなく周囲の神経(腓腹神経、外側足底神経、深腓骨神経、浅腓骨神経など)や動脈にも外傷が加わり、周辺の神経、動脈組織は引き伸ばされた状態で固まってしまう傾向があります。

そうなると足関節周囲の代謝や循環機能が正常に機能しにくくなります。

また、足関節の捻挫により、全身の骨格にもアンバランスが起こります。
人間の身体は膜組織が全ての器官を繋いで保護しています。

例えば足関節を捻挫した時にかかった外力は足首から、下腿の骨間膜を通過して膝関節に到達し、膝関節がねじれ、そのねじれを股関節と骨盤が代償します。

股関節と骨盤の膜は背骨や内臓と繋がっているのでこの緊張が、背骨や内臓に到達し、全身に外傷の連鎖が繋がっていき、足関節のに大きな負荷がかかる様な全身的なアンバランスが引き起こされています。

足首の捻挫といえば足の関節、靭帯だけに問題が起こると考えがちですが、一般的な治療により、足関節周囲の関節や靭帯を治療しても、あまり症状が改善しない場合は、この様に動脈、神経のシステムの問題、外傷チェーンによって引き起こされている全身的なアンバランスを治療する必要があります。

足首の捻挫の痛みや後遺症を改善するためには

●足関節、足根骨の治療

足首を捻挫した際に足関節とその周囲にある足根骨に起こっている機能障害を治療します。

●足関節周囲の神経と動脈の機能を改善する

足関節の調整にくわえ捻挫外傷の力で機能障害を起こしている、足関節周囲の神経と動脈の機能を正常化します。

●足関節の捻挫によって引き起こされている全身のアンバランスを改善する

足の捻挫によって引き起こされている、全身的な障害の連鎖を改善するために、全身の関節、骨盤、背骨、肋骨、頭蓋骨、内臓、動脈、神経を評価し、問題個所を見つけ出して施術します。

この様に施術を行っていくことで足の捻挫の痛み、後遺症を改善していきます。

※当院の施術について詳しく知りたい方は後ほど「当院の施術オステオパシーについて」のページをご覧下さい。

当院はこれまで多くの足首の捻挫の痛みを改善してきた実績がありますので、安心してご来院下さい。

あなたを悩ませている足首の捻挫の痛み、後遺症を改善してやりたいことができる体へ・・・
是非、私にそのお手伝いをさせて下さい。

北内 俊充

ご予約・お問い合わせはこちら

PAGE TOP