産前産後の恥骨痛でお悩みの方へ

産前、産後の恥骨痛でお困りではないですか?

  • 妊娠後期から恥骨が痛み出した
  • 朝起き上がれないほど恥骨が痛い
  • 産後も恥骨の痛みが続いている
  • 恥骨がチクチク痛い
  • 恥骨が痛くてまっすぐ歩けない
  • ストレッチや体操しても恥骨の痛みが治らない
  • 病院、整骨院、鍼灸、カイロプラクティックを受けたけど恥骨の痛みが良くならない
  • 有名な骨盤ベルトをしているけど恥骨の痛みが治らない
  • とにかく恥骨の痛みをなんとかしてほしい

オステオパシー治療院トラストの施術は、この様な産前、産後の恥骨痛でお悩みの方をサポートしております。

当院の患者さんの声をお聞きください

数日後には痛みは治っていました。こんなに早く治るなんて思ってなかったので嬉しいです。

患者様19
患者様の声19

症状 :体の痛み、恥骨痛
お名前 :松崎 真由美様
お住まい:城東区
ご職業 :主婦

妊娠中より体の痛み、恥骨痛があり、特に産後は痛みがひどく毎日の生活が大変になってきたので病院を探していた時にオステオパシーの話を聞き紹介して頂きました。

施術は痛みもなく丁寧に全身を診て頂きとても「ここちよい」感じでした。
施術中に一番驚いたのは先生に伝えていない病気のことをあてられたことです。
体を診るだけでわかるなんて本当に驚きです。

私は治療後すぐに痛みが和らいでいました。
そして数日後には痛みはなくなって治っていました。

こんなに早く治るなんて思っていなかったので嬉しいです。

本当にありがとうございました。
一緒に診て頂いた息子も元気に過ごせています。

*施術効果には個人差があります。

他にもたくさんの改善およろこびの報告をいただいております。

恥骨痛とは?

妊娠中、産後のママさんが多く悩む身体の不調の一つに恥骨痛があります。

妊娠中から産後約6カ月の間はリラキシンというホルモンが分泌されるため、骨盤の周囲の靭帯は柔らかくなり、骨盤が緩んでいます。

左右の恥骨の間には恥骨結合という軟骨性の関節があります。
恥骨の関節周囲にある靭帯は薄く、強度が低いため、妊娠中はお腹が大きくなり、恥骨結合が引き離される力が働くためこの部分の靭帯は傷つきやすい状態になっています。

当院の施術

当院ではメカニカルリンクというフランスで発展したオステオパシーの施術により、恥骨痛にアプローチしていきます。

手を使って身体にソフトな手技を丁寧に施しますので、薬の様な副作用はありませんので安心して施術を受けて頂けます。

●全身の骨格のバランスを調整

●骨盤の中で子宮と卵巣を支持している靭帯や間膜の調整

●骨盤のバランスの調整

●子宮周辺の血管をコントロールしている自律神経の調整

●女性ホルモンの分泌に関与する各器官に加わっている圧力を調整

●女性ホルモンの分泌により、緩まりすぎた恥骨の関節を調整

この様に施術を行っていくことで恥骨痛を改善していきます。

オステオパシー施術03
身体は頭からつま先まで全て繋がっており、相互に関与しあっているので、必ず全身をチェックして施術を行う必要があります。
例えば足首に強いねじれが起こっている場合、これを補正しようとして膝、股関節にもねじれが起こり、その結果、骨盤がねじれていることもよくあります。

一般的には恥骨痛の施術は骨盤に焦点を当てがちですが、もともと背骨や両足など全身的なバランスが悪い場合は、骨盤だけを調整しても、効果がなかったり、効果が持続しなかったりします。

当院では頭蓋骨、肋骨、手足の関節と骨盤とのバランスを丁寧にソフトな手技で調整します。関節をボキボキする様な施術は行いませんので、ご安心ください。

オステオパシー施術01
骨盤の中にある、直腸、膀胱、子宮、卵巣、動脈、静脈、神経などは全て靭帯や間膜によって骨盤に繋がっています。

ですから骨盤の構造に影響を受けて、骨盤内臓と骨盤内の動静脈、神経にもアンバランスが起こってしまう可能性があります。

骨盤内臓器と骨盤内の動静脈、神経のアンバランスによって骨盤内の液体の循環不全によって恥骨周囲の炎症がスムーズに鎮静化されずに、恥骨痛が起こることがあります。そのため当院では内臓と循環系、神経系の調整も行います。

内臓や循環、神経の調整と聞くと怖いイメージがあるかもしれませんが、衣服の上からソフトな手技で調整致しますのでご安心ください。

この様に施術を行っていくことで恥骨痛を改善していきます。

※当院の施術について詳しく知りたい方は後ほど「当院の施術オステオパシーについて」のページをご覧下さい。

当院はこれまで多くの恥骨痛でお悩みの方を施術してきた実績がありますので、安心してご来院下さい。

あなたを悩ませる恥骨痛を一日も早く改善して、痛みのない快適な生活を送る・・・
是非、私にそのお手伝いをさせて下さい。

北内 俊充

ご予約・お問い合わせはこちら

PAGE TOP