オスグッド・シュラッター病でお悩みの方へ

オスグッド・シュラッター病でお困りではないですか?

  • オスグッド・シュラッター病を治してくれるところをお探している
  • 膝の痛みが強くて正座も出来ない
  • 膝の痛みが強くて部活、スポーツが思いっきり出来ない
  • オスグッド・シュラッター病と診断されている
  • 痛み止めの薬で症状をごまかしている
  • 整骨院、マッサージ、鍼灸の治療でオスグッドの痛みが改善しない
  • ストレッチをしてもあまり良くならない
  • オスグッド・シュラッター病の痛みをなんとかしてほしい

オステオパシー治療院トラストの施術は、この様なお子様のオスグッド・シュラッター病の痛みに、お勧めできる施術です。

オスグッド・シュラッター病

サッカー、バスケットボールをしている中学生、高校生に多く発症する病気で、ジャンプや膝の屈伸により、膝の脛骨という骨に衝撃が加わり、骨端核に機械的な牽引がかかることで脛骨粗面付近に炎症が起きます。

オスグッド・シュラッター病に対する当院の施術

●重心を正しい位置に修正する

オスグッド・シュラッター病では腰椎、骨盤、股関節、膝関節の捻れがよく見られ、これら捻れの相互関係から、膝にストレスがかかる状態となっています。

●脛骨の骨膜の調整

オスグッド・シュラッター病は脛骨という膝蓋骨(膝のお皿)の下にある骨の骨膜に物理的な緊張が加わっているため、炎症と痛みが出現しています。緊張によって起こった脛骨の骨膜の調整をする必要があります。

●体幹から下肢にかけての血液循環を改善

オスグッド・シュラッター病は腹部、骨盤内、下肢のいずれかに動脈と静脈機能低下を起こしている部位が存在することがほとんどです。この循環機能の低下があるため、脛骨の炎症がスムーズに終息しない状態になっています。当院では動脈や静脈についても触診し、問題部位を見つけ出し施術を行うことが可能です。
この様に当院では脊柱、骨盤帯のバランスだけではなく、頭蓋骨、内臓、動脈、神経系まで詳しく調べて問題を見つけて施術を行います。

●末梢神経の調整

骨膜の緊張と炎症により脛骨付近を走行する伏在神経にも不具合が起こっていることも珍しくありません。必要に応じて末梢神経の施術も行います。

※当院の施術について詳しく知りたい方は後ほど「当院の施術オステオパシーについて」のページをご覧下さい。

当院はこれまで多くのオスグッド・シュラッター病でお困りの患者さんを改善してきた実績がありますので、安心してご来院下さい。

あなたを悩ませているオスグッド・シュラッター病の痛みを改善してやりたいことができる体へ・・・
是非、私にそのお手伝いをさせて下さい。

北内 俊充

ご予約・お問い合わせはこちら

PAGE TOP