産後の坐骨神経痛でお悩みの方へ

産後の坐骨神経痛でお困りではないですか?

  • 産後からお尻、またはお尻から太ももの裏、ふくらはぎに痛みが走る
  • 産後から坐骨神経痛が出てきた
  • 産後からお尻が痛くて長い時間座るのがつらい
  • 産後の坐骨神経痛で育児がつらい
  • 産後の坐骨神経痛のため家事がつらい
  • 産後から坐骨神経痛がなかなか治らない
  • 病院、整骨院、マッサージ、鍼灸、カイロなどの治療で産後の坐骨神経痛が改善しない
  • 産後からお尻が痛くて寝返りをうつのもつらい
  • 骨盤矯正を受けても坐骨神経痛が改善しない
  • 産後の骨盤矯正専門の整体に行ったが症状が改善しない
  • マッサージをしても楽になるのはその場だけ
  • ストレッチをしてもあまり良くならない
  • とにかく産後の坐骨神経痛をなんとかしてほしい

オステオパシー治療院トラストの施術は、この様な産後の坐骨神経痛の症状でお悩みのあなたに、お勧めできる施術です。

何故産後に坐骨神経痛が起こるの?

妊娠中から出産後はリラキシンというホルモンが分泌されるため、骨盤が緩みやすくなっています。

出産時に骨盤帯周囲の構造にストレスが加わったことと、産後約6カ月はリラキシンが分泌されるので、骨盤、腰椎、股関節に機械的なストレスが加わりやすく、構造的なアンバランスが起こりやすい状態となっています。

骨盤周囲の筋肉、骨格の歪みやアンバランスが起こると骨盤と靭帯で繋がっている膀胱、子宮、直腸などの内臓にもアンバランスが起こります。

そして骨盤内には主要な動脈、静脈、神経が走向しており、これらの構造にもアンバランスが起こっています。

これらがトータルでバランスを崩した結果、骨盤内の循環不全を引き起こし、産後の坐骨神経痛が起こっている方が非常に多いです。

産後の坐骨神経痛を改善するためには

●骨盤だけではなく全身の骨格を調整する必要があります

オステオパシー施術03
骨盤がバランスの良い状態になるには全身の骨格を調整する必要があります。

例えば足首に強いねじれが起こっている場合、これを補正しようとして膝、股関節にもねじれが起こり、その結果、骨盤がねじれていることもよくあります。

出産で骨盤のアンバランスが起こったと思ってしまいがちですが、実はもともと背骨や両足など全身的なバランスが悪い場合は、骨盤だけを調整しても、効果がなかったり、効果が持続しなかったりします。

当院では頭蓋骨、肋骨、手足の関節と骨盤とのバランスを丁寧に調整致します。ソフトな手技で調整致します。関節をボキボキする様な施術は行いませんので、ご安心ください。

●骨盤内臓(子宮、膀胱、直腸)骨盤内の動脈、静脈、神経の調整

オステオパシー施術01
骨盤の中にある、直腸、膀胱、子宮、卵巣、動脈、静脈、神経などは全て靭帯や間膜によって骨盤に繋がっています。

ですから骨盤の構造に影響を受けて、骨盤内臓と骨盤内の動静脈、神経にもアンバランスが起こってしまう可能性があります。

骨盤内臓器と骨盤内の動静脈、神経のアンバランスによって骨盤内の液体の循環不全によって坐骨神経痛が起こることがあります。そのため当院では内臓と循環系、神経系の調整も行います。

内臓や循環、神経の調整と聞くと怖いイメージがあるかもしれませんが、衣服の上からソフトな手技で調整致しますのでご安心ください。

この様に施術を行っていくことで産後の坐骨神経痛を改善していきます。

※当院の施術について詳しく知りたい方は後ほど「当院の施術オステオパシーについて」のページをご覧下さい。

当院はこれまで多くの産後の坐骨神経痛を改善してきた実績がありますので、安心してご来院下さい。

あなたを悩ませている産後の坐骨神経痛を改善して快適な生活へ・・・
是非、私にそのお手伝いをさせて下さい。

北内 俊充

ご予約・お問い合わせはこちら

PAGE TOP