夜尿症(おねしょ)でお悩みの親御様へ

お子様の夜尿症でお困りではないですか?

  • 小学生になる子どものおねしょが治らない
  • 中学生になる子どものおねしょが治らない
  • 子どもが週に何回もおねしょをしてしまう
  • 子どものおねしょが治らないので林間学校を心配している
  • 修学旅行を控えているのに子どもおねしょが治っていない
  • 病院で薬を処方してもらったが子どものおねしょが治らない
  • おねしょの薬を処方されたが、副作用を心配している
  • 子どものおねしょを何とかしてあげたい
  • 夜尿症の鍼灸治療を受けているけどなかなか結果が出ない
  • 夜尿症のカイロプラクティックを受けているけどなかなか結果が出ない

オステオパシー治療院トラストの施術は、この様な夜尿症(おねしょ)におすすめできる施術です。。

当院の患者さんの声をお聞きください

*お母さまからの感想です。

患者様の声16

症状 :夜尿症(おねしょ)
お名前 :Y.M様
お住まい:東大阪市
ご職業 :14歳中学生

息子のおねしょが中学になっても治らず、悩んでいたところトラストさんでの治療をすすめられました。

トラストさんの事を知るまでは小児科を受診し、夜ご飯以降の水分を一切摂らない事と昼間も尿意があってもぎりぎりまで我慢し膀胱を大きくする事で尿を溜めれるようにしていくことをアドバイスされました。

この方法で多少の効果はありましたが、喉が渇いてもそのまま寝ないといけないので本人も苦痛に感じているようでした。

トラストさんの施術では水分等の制限は無く、普段の食生活を改めるようにアドバイスを受けました。

12回程の施術を受け今ではすっかり治りました。

おねしょで悩んでおられる方は是非、トラストさんでの施術をおすすめします。

*施術効果には個人差があります。

夜尿症(おねしょ)の原因

一般的には夜尿症(おねしょ)の原因には2つのパターンがあると言われています。

「多尿型」夜間の尿量が多い。これは睡眠中に生成される尿量を減らす抗利尿ホルモンの分泌が不足していることが考えられます。

「膀胱型」膀胱型小さいタイプ。膀胱の伸縮性が低く膀胱が拡張しないため、夜間に尿を溜めることができないと考えられます。

当院の施術の方針

当院ではメカニカルリンクというオステオパシーの施術により、夜尿症にアプローチしていきます。

手を使って身体にソフトな手技を丁寧に施しますので、薬の様な副作用はありませんので安心して施術を受けて頂けます。

●膀胱へ繋がる腹部の自律神経の緊張を和らげる

●引き締まり過ぎた骨盤を緩め、骨盤のアンバランスを調整していく

●背骨のアンバランスを調整し自律神経の機能を調整する

●膀胱の柔軟性を高める施術を行っていく

●膀胱にかかっている他の内臓の圧迫を取り除く

●ホルモンの分泌に関与する各器官に加わっている圧力を調整する

オステオパシー施術03
この様に施術していくことで、膀胱が本来の機能を取り戻すことができるように、全身のバランスを十分に考慮して全身的な施術を行なって行きます。

これに加え、膀胱などの内臓を硬くしない為の、食生活の指導もさせて頂きます。

この様に施術を行っていくことで夜尿症(おねしょ)にアプローチしていきます。

当院はこれまで多くの夜尿症(おねしょ)の施術を行ってきた実績がありますので、安心してご来院下さい。

夜尿症を改善して快適な生活へ・・・
是非、私にそのお手伝いをさせて下さい。

北内 俊充

ご予約・お問い合わせはこちら

PAGE TOP