やるべきことをやっておれば

平昌オリンピックのフィギュアスケートで銀メダルを撮った宇野昌磨選手の天然っぷりが話題になっている。

インタビューで居眠りをしたり、
会見時のネクタイが曲がっていたこと
おまけにピンバッジが上下さかさま

なかなかの天然っぷりである
しかし憎めないキャラだ

フィギュアスケートの技術は素晴らしいものがあり
またフィギュアスケートに打ち込んできた時間、努力、魂
そして今回銀メダルを獲ったという功績

これがなかったらただの天然

なにもかも完璧な人間なんていない
彼はずば抜けたところとぽかんと向けているところが両極端で
人間味があり親しみをもてる

ファンの皆さんはこんな凄まじいギャップに惹かれるんだろうな
何かを達成するために、自分と戦い続け、戦い抜き、結果を出す
やるべきことをやりぬく人はそうそういない

全て完璧じゃなくていい

やるべきことをやっておれば

宇野昌磨選手の記事

ご予約・お問い合わせはこちら

PAGE TOP