肋軟骨炎でお困りの方へ

■病院で「肋軟骨炎」と診断された方へ

病院で「肋軟骨炎」と診断され、痛み止めの薬や湿布を処方されるもののいっこうに改善せず、「もう治らない…」とあきらめていませんか?

もしもそんな状態であれば、ぜひ「オステオパシー治療院トラスト」で肋軟骨炎に対応した施術を受けてください。

肋軟骨炎でお悩みの数多くの方々を改善してきた実績がありますので、安心してご来院ください。

肋軟骨炎とその症状

胸骨と肋骨の間の肋軟骨の部分に炎症が起きて痛みが起こります。

通常、鋭い痛みを訴えられることが多いですが、鈍い痛みや圧迫感を訴える方もおられます。

一般的に第2肋骨~第5肋骨に起こりやすく、片側の痛みを訴えられる方がほとんどです。

炎症の原因

  • 風邪などのウイルス感染症
  • 事故、打撲などの外傷
  • 上肢を反復して使う運動

などが原因となることがありますが、多くの場合は原因不明といわれています。

他の疾患との鑑別が必要になります

  • 虚血性の心疾患
  • 肺の疾患

必要に応じて胸部レントゲン、血液検査、心電図、エコーなどの検査を行っての鑑別が必要となります。

主な症状として

  • 胸部の痛み
  • 胸を動かす運動で痛みが悪化する
  • 深呼吸をすると胸の痛みが悪化する

などがあります。

肋軟骨炎に対応した当院の施術

一か月以上たっても肋軟骨炎の痛みが治らない場合は、一度当院にご相談ください。

当院での肋軟骨炎の施術

1.痛がある肋軟骨の周囲にある構造をチェックして調整します

肋軟骨の周囲には様々な構造がああります。

  • 胸骨と肋軟骨の関節
  • 肋軟骨と肋骨の関節
  • 胸膜
  • 繊維性心膜
  • 外肋間筋、内肋間筋
  • 胸横筋膜
  • 縦郭筋膜

など様々な構造があり、これらすべてが柔軟性があり、相互に機能し合っている必要があります。
当院では肋軟骨以外にもこれらの構造を調べて調整し、症状改善へと導きます。

オステオパシー施術01

2.頭の先からつま先まで体全体のバランスを調整します

人の身体は頭の先からつま先まで膜という組織に包み込まれ繋がって相互にバランスを取り合っています。このため肋軟骨周囲の施術に加え、体全体のバランスを調整することが必要です。そこで全身を評価して全体的なバランスを調整し、症状の改善はもとより体全体の根本的な改善も行ないます。

以上のような施術を2~3週おきに一度受けていただくことで、病院に行ってもなかなか改善しない肋軟骨炎を改善へと導いております。

※当院の施術について詳しく知りたい方は後ほど「当院の施術オステオパシーについて」のページをご覧下さい。

「もう一生治らない…」「年齢が年齢だから仕方ない…」とあきらめかけているあなた、その肋軟骨炎を改善して痛みのない快適な毎日を取り戻すお手伝いを私にさせてください。

心よりお待ちいたしております。

北内 俊充

ご予約・お問い合わせはこちら

PAGE TOP